タガヌンガン滝から車で約10分以内ぐらい、クムヌー村に新しく蝶々園がオープンしましたので、行ってみました。

駐車場が広くてメインストリートから入り易いです。タバナン県の世界遺産のライステラスがあるジャティルウィ村に行く途中にも、同じような蝶々園があって、そちらの方が蝶々の種類が多かったですが、ここはウブドから近いですし、ウブドからバリ島東部に向かう途中にも立ち寄ることもできます。

クムヌー村の蝶々園には、バリ島にしかいない固有の14種類の蝶々が飼育されています。種類こそ少ないですが、数がとても沢山いるので、中を歩くと天国を散歩しているような気分になりました。


20151215_30
クムヌー・バタフライ・パークというのが正式名称です。
入場料はお一人Rp 100.000。


あまり上手に撮れませんでしたが、以下は蝶々園で見られる蝶達の一部です。

20151215_32


20151215_34


20151215_33


20151215_35


20151215_36



20151215_37
バリ島1番大きい蝶々、「クプクプ・バロン」が飛んできて肩にとまったので、スタッフの人に記念写真を撮ってもらいました。


20151215_38
ランチの食べられる東屋もあります。インドネシア料理だけじゃなく西洋料理もありました。


20151215_31
東屋から見える田んぼの景色です。


by I Kadek Sujana